湘南台駅から徒歩2分、アスリートケア接骨院はトップアスリートから子供、一般の方まで様々な症状に対応いたします。

menu

アスリートケア整骨院ブログ

野球肘検診をしている身として

毎回怖いのが

肘の外側で起こる

離断性骨軟骨炎

骨壊死です

これは無症状で進行する事が多く

本人も自覚症状がないケースが殆ど

離断性骨軟骨炎は症状が出た時には

時既に遅し:(;゙゚’ω゚’):

オペのケースが多いですね

まぁ、とわ言え

オペ後の経過は良好なので

野球はまた普通にできるようになりますが

1年から1年半くらい必要ですかね

今回の新入生の検診でも1名

離断性骨軟骨炎を確認しました

勿論本人は無症状で

肘の内側の状態はとても良好です

離断性骨軟骨炎が疑われる場合は

必ず

ドクターの診断を受ける

事が必要です

今回のケースも整形外科で検査を行ってもらいました

状態が悪くなる前に発見できたので

オペをする事なく

保存療法で3ヶ月程度経過を見ていきます

 

長々と書きましたが

これ怖いですよね?

でも

確実に予防できるのわかります?

検診していれば

外側の骨壊死は防げます

 

言い方を変えれば

離断性骨軟骨炎の発見が遅れ

オペをする事になれば

それは

監督・コーチの責任です

 

あなたが頭で思っている

選手ファースト

それ、ほんと?

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
アスリートケア接骨院 フェイスブック アスリートケア接骨院 ツイッター アスリートケア接骨院 YouTube チャンネル アスリートケア接骨院 Google+