湘南台駅から徒歩2分、アスリートケア接骨院はトップアスリートから子供、一般の方まで様々な症状に対応いたします。

menu

アスリートケア整骨院ブログ

よく質問されます

アイシングはした方がいいの?

この結論ですが

正直わかりません。w

今、やっと現場でも定着してきた

RICE処置

しかし

この考えはもう古い考えなんですね。

やっと現場レベルで定着してきたアイシングが

もう古い考えなんです。

こういうことを考えてもアイシングの考えは難しいです。

時代の流れをなんとなく辿ると

昭和〜:冷やすな!

平成中盤〜:冷やして安静

平成後半〜:冷やす?温めた方がいいよ!

こんな感じでしょうか。

アイシングが必要とされた考えとして

患部の炎症(痛み)を抑える

という考えでした。

ですが今は

無理やり抑えることで治りが悪くなる

と言われてきています。

炎症というのは

体が怪我を治すために起こしている現象で

それを無理やり抑制することが問題視されています。

色々と文献があるのですが

科学的な根拠はあまりありません。

ここからは私個人的な考え

どちらかと言うと

アイシングは余り行いません。

よっぽどの急性期ではない限り。

冷やすよりは熱を入れて

血流をよくしたり

筋肉を柔らかくしたりした方が良い

と言う考えを持っています。

コンディショニングとして視点を変えると

アイシングは良いツールです。

アイシングの二次的効果として

血管拡張現象というのがあります。

冷やされた血管が

血流が乏しいと判断し

アイシング後血流が良くなるという現象です。

疲労物質を血流を良くし循環させる。

交代浴と似ていますね!

サウナ→水風呂→サウナ

これは個人的にめちゃくちゃ疲労が抜けて

効果を実感できるので好きなんです( ̄▽ ̄)

投球後に

アイシングをしてから温めて

可動域の改善をし

疲労を除去するという方法は良い方法だと思います!

長々と書きましたが

読んでいただいて分かる通り

どっちが良い悪いはありません。

アイシングをしてしまったから悪いとか

アイシングをしなかったから悪いとか

一番悪いのは放置です

状況を見ての判断になると思うので

わからなければお気軽に質問ください!

 

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
アスリートケア接骨院 フェイスブック アスリートケア接骨院 ツイッター アスリートケア接骨院 YouTube チャンネル アスリートケア接骨院 Google+