湘南台駅から徒歩2分、アスリートケア接骨院はトップアスリートから子供、一般の方まで様々な症状に対応いたします。

menu

アスリートケア整骨院ブログ

足の捻挫で最も多いのが

前距腓靭帯の損傷です。これはくるぶしあたりが

痛かったり腫れたりします。

今回は二分靭帯損傷です。

これは足の甲あたり

靭帯が二つに分かれている事から

二分靭帯と言われています。

題名に二分靭帯損傷と書いてありますが

二分靭帯が切れることはあまりないそうです。

では何が損傷かというと

二分靭帯が付着している

踵骨や立方骨が損傷してしまいます。

靭帯付着部での骨折です。

↑これは正常な状態

↑は異常があるエコー画像

踵骨や立方骨に不正画像があり

二分靭帯も腫れています。

足の甲の痛みが全て二分靭帯とは限りませんが

この付近に痛みがあれば

骨折している可能性もあり固定が必要です。

しっかり検査しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。
アスリートケア接骨院 フェイスブック アスリートケア接骨院 ツイッター アスリートケア接骨院 YouTube チャンネル アスリートケア接骨院 Google+