湘南台駅から徒歩2分、アスリートケア接骨院はトップアスリートから子供、一般の方まで様々な症状に対応いたします。

menu

アスリートケア整骨院ブログ

中学2年生 投手

去年10月に

肩上位骨端線離開は発症

3週間の投球制限をし

治療・リハビリと行い

12月に競技復帰

昨日肩が痛いと来院

どこ?と尋ねると

前回痛くなった所を指さします。

怪しいぞ・・・

痛みの出方は?

前回の痛みと似ているけど、前回ほどではない

肩上がる?

上げていくときに引っかかります。

恐る恐るエコー検査

出てますね。不正画像。

10月と比べると確かに軽いですが

痛みはあるでしょう。

整形外科に送り診断をもらいました。

やはり、骨端線離開。再発です。

ドクターの見解は

「この時期にしては投げすぎではないか」と

確かにそうですね。

しかし、リトルシニアの場合

今月の中旬には大会が始まります。

しかも、全国につながる

かなり大切な大会。

そう言った事もあり

投げずにはいられないのが現状。

良くないですね。

気温10度ない中で

練習試合を行っているチームがたくさんあります。

最高峰とするプロでさえ

20度近い気温の中で

1ヶ月キャンオプを行い

さらに1ヶ月オープン戦を行います。

大人の事情があるのかもしれませんが

本当にそれで良いのでしょうか。

これをいつまで良しとするのか。

野球界に足りないものを痛感。

関連記事

コメントは利用できません。
アスリートケア接骨院 フェイスブック アスリートケア接骨院 ツイッター アスリートケア接骨院 YouTube チャンネル アスリートケア接骨院 Google+