湘南台駅から徒歩2分、アスリートケア接骨院はトップアスリートから子供、一般の方まで様々な症状に対応いたします。

menu

アスリートケア整骨院ブログ

やってまいりました。

この季節。

インフルエンザ感染のように

一気に増える

シンスプリント

スネの内側に痛みがあるのがシンスプリントです。

走る・ジャンプで痛みが出るのが特徴です。

ランニング量の増加

シューズの劣化

インソール機能の破綻等が

痛み出現の原因です。

学生はここは痛みを我慢しがちです。

でも、我慢は厳禁です。

ここで一番怖いのが

シンスプリントが脛骨の疲労骨折に進行してしまうこと。

下の画像が健側です。

患側は脛骨上に黒い空間があるのがわかるかと思います。

これは脛骨骨膜が肥厚しています。

ここまで肥厚すると体表から触ってもプニュプニュするのがわかります。

脛骨疲労骨折の疑いです。

大丈夫。大丈夫。が

手遅れになる場所です。

早め早めの治療を心がけましょう。

関連記事

コメントは利用できません。
アスリートケア接骨院 フェイスブック アスリートケア接骨院 ツイッター アスリートケア接骨院 YouTube チャンネル アスリートケア接骨院 Google+