湘南台駅から徒歩2分、アスリートケア接骨院はトップアスリートから子供、一般の方まで様々な症状に対応いたします。

menu

アスリートケア整骨院ブログ

親知らずの痛みと戦うこと5日❶

先週の木曜日ですが

左下の親知らずを抜きました。

※抜歯後30分後の写真

2ヶ月ぐらい前に痛みと知覚過敏が出始め

いよいよ抜くことを決心。

…数年前に右下の親知らずを抜いて痛かったので

ずっと逃げてましたw

かなり奥にあり、横に生えてるとのことなので

今回は口腔外科での抜歯になりました。

いざ、治療台へ。

あまり緊張はしていませんでしたが

治療開始前に

ヒーリングミュージックがスタート

トトロから始まり、ジブリメドレーです。

耳に入ってきてなかなか癒される。

麻酔が始まり

5分もしないうちに歯茎の切開が始まりました。

先「痛くなったら手を挙げて下さいね」

私「はい」

これ、いつも言われますけど

挙げても治療やめてくれないでしょって思って

いつも手を挙げずに耐えるタイプです。

切開後は色々な機材を使いながら

砕いたり、折ったり、抜いたり

ここまでは痛みもなく順調です。

と思っていたのですが

ある一定の所から治療が進んでいきません。

歯茎にかなり頑固にくっついているようで

先2「動いてる?」

先1「動いてません」

先2「割れて入る?」

先1「割れてません。」

この会話のやり取りが数分

さあ、ここで出ました!

先生の必殺技

パワープレー!!

へばり付いてるものを一気に行こうとします。

おそらくここまでで20分

切開も繰り返しているのでかなり奥まで来ています。

痛みも若干出始めていますが

ジブリのヒーリングミュージックなんて

一切聞こえませんw

このパワープレーに耐えれば終わる!

と言い聞かせ若干の痛みを我慢

しかし

先生のパワープレーは不発に終わります(;ω;)

道具で再び攻め始め

また、パワープレーに移行します

その時です

私の左てが挙がりましたw

おそらく神経に触れているんでしょうが

下肢まで痛みが走りました。

流石に挙手(T . T)

とまだまだ治療中の書きたい事は山ほどありますが

そんなこんなを繰り返す事50分弱

ようやく抜歯終了

疲労困憊、冷や汗ダクダク

先「お疲れ様でしたー。抜いたは持って帰ります?」

先生

クーーーーーーーーーーーーーーーールw

次回へ続く

 

関連記事

コメントは利用できません。
アスリートケア接骨院 フェイスブック アスリートケア接骨院 ツイッター アスリートケア接骨院 YouTube チャンネル アスリートケア接骨院 Google+