湘南台駅から徒歩2分、アスリートケア接骨院はトップアスリートから子供、一般の方まで様々な症状に対応いたします。

menu

アスリートケア整骨院ブログ

野球肘検診に行ってきました

日曜日は

磯子港南シニアさんに野球肘検診に行って来ました。

新1年生も加わりはじめての野球肘検診です。

検診をする前の段階で肘に痛みがある選手は1名のみ。

検診をすると色々と見えて来ます。

これは1年生で正常な肘の内側です。

特に小学生の時も痛みはなく

現在も痛みなく野球ができています。

こちらの2名は同じ1年生で

現在痛みはないですが

小学生の時に痛みがありながらも投球をしていた2名です。

右上の内側上顆が正常な選手の写真は滑り台のように

なだらかですが

下の2名はゴツゴツボコボコとして

変形してしまっています。

痛みがないのであればこの変形が問題ではありません。

変形してしまったものは治っては来ません。

ここで一番重要なのは

本人、指導者がこういう状況だという事を知る事

現在痛みはありませんが

今後痛みが出る可能性は高いからです。

現在の状況を知っていれば

指導者の方は選手の起用法が考えられ

再発予防に努められます。

これは非常に重要です。

選手の肘を守る事を指導者の皆さんは考えましょう。

磯子港南シニアさんありがとうございました。


関連記事

コメントは利用できません。
アスリートケア接骨院 フェイスブック アスリートケア接骨院 ツイッター アスリートケア接骨院 YouTube チャンネル アスリートケア接骨院 Google+