湘南台駅から徒歩2分、アスリートケア接骨院はトップアスリートから子供、一般の方まで様々な症状に対応いたします。

menu

アスリートケア整骨院ブログ

野球肘検診は

野球肘を発見するためだけに

行うものではありません。

定期的に検査を行い

データを蓄積して行くことで

怪我をした時に比べて行く事ができます。

上の画像はチームで

野球肘検診を行なった時の画像

この時は

肘に痛みはなく投げれていました。

今年の2月に入り

肘に痛みがあるという事で

過去動画と比較

赤い矢印の箇所が黒く抜けています。

こうして過去の比べる対象があると

損傷がよくわかります。

後日MRI検査の結果

内側側副靱帯損傷でした。

怪我の発見だけではなく

骨の形成の度合い

靭帯の損傷具合

関節の緩み etc

比較対象を残しておく事で

万が一の時の対応も変わってきます。

痛みがないからと

安心はしないように!!

頑張れ!学生アスリート!!

関連記事

コメントは利用できません。
アスリートケア接骨院 フェイスブック アスリートケア接骨院 ツイッター アスリートケア接骨院 YouTube チャンネル アスリートケア接骨院 Google+