湘南台駅から徒歩2分、アスリートケア接骨院はトップアスリートから子供、一般の方まで様々な症状に対応いたします。

menu

アスリートケア整骨院ブログ

6月に野球肘検診を行ったチーム

野球肘検診後は

選手の状態を一覧にして指導者に提出しています。

その際要観察の選手にはピックアップをし伝え

選手本人にも無理をしない様に伝えています。

6月上旬は痛みがありませんでしたが

エコー画像上やや気になっていたので

状態を△し、要観察して下さいと伝えていました。

週末連絡があり昨日エコーで画像を確認

2週間で肘の状態は変わっていますね。

ですが、すぐに発覚してよかったです。

選手本人も無理をせずにすぐに肘が痛いと伝え

指導者の方もすぐに連絡をくださいました。

痛いとすぐに言える環境

痛くなりそな選手を把握しておくことは大切ですね。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
アスリートケア接骨院 フェイスブック アスリートケア接骨院 ツイッター アスリートケア接骨院 YouTube チャンネル アスリートケア接骨院 Google+