湘南台駅から徒歩2分、アスリートケア接骨院はトップアスリートから子供、一般の方まで様々な症状に対応いたします。

menu

アスリートケア整骨院ブログ

肩が痛いと来院

学「痛すぎて肩が上がりません」

私「とりあえず、洋服脱いで座ろうか」

次の瞬間は衝撃でした。

こりゃ、痛いよね。

エコー検査とかそういう感じではないのは明らか

右投げの選手です。

右肩がだいぶ下がっていますね。

野球選手のあるあるパターンです。

よくわからないと思うので

肩甲骨の内側を線で書きます。

ピンクのシールは肩甲骨の一番下を示しています。

本来はこのように見えているのですが・・・

だいぶ下がってまーす( ̄∇ ̄)

リーチングテストも不良

本来、反対側の手首にタッチができなければいけませんが

全くつかない。

途中で動きがぎこちないのも感じます。

おそらくこれでレントゲン検査をしても

問題はないでしょう。

何かが損傷して痛みが出ているわけではないので。

そして、おきまりの

安静

安静にして3週間後に痛みが治っているかどうか。

安静にしても痛み(炎症の軽減)はあるかもしれませんが

投げるとすぐに再発するでしょう。

気質的に何かが損傷した痛みではありません。

肩の機能が破綻して痛みです。

肩の機能を治さない限り

痛みの改善は見込めないでしょう。

ということで

レッツ、コンディショニング!!

拘縮の除去

呼吸の改善

安定性獲得の為の運動療法

オレンジが治療後の肩甲骨の下の位置

白いラインが治療後の肩甲骨の内側のライン

だいぶ戻りましたね!


見た目も一目瞭然!

本来の肩甲骨の位置を取り戻しました。

リーチングも良好

反対側に手も付きますし

途中の動きも滑らかです。

こんなことでと言っては何ですが

これを怪我と言ってしまい

試合に出れない

全力プレーができないのは

非常に勿体無い

日頃のコンディショニングが需要ですね!

高校球児諸君!!

これから夏に向けて

君たちはオーバーワークをする傾向にあります!

野球がしたいなら

その分自分の体としっかり向き合うように!!

大丈夫。大丈夫。は

最終的にチームに迷惑を掛けてしまいますからね。

要注意!!

頑張れ!学生アスリート!!

関連記事

コメントは利用できません。
アスリートケア接骨院 フェイスブック アスリートケア接骨院 ツイッター アスリートケア接骨院 YouTube チャンネル アスリートケア接骨院 Google+