湘南台駅から徒歩2分、アスリートケア接骨院はトップアスリートから子供、一般の方まで様々な症状に対応いたします。

menu

アスリートケア整骨院ブログ

TAG瀬谷

  • 2018
  • 自律神経のお話 はコメントを受け付けていません

自律神経のお話

体内の神経系のとして 自律神経というものが存在します。 自律神経は 交感神経と副交感神経に分かれ バランスをとって日々の活動をしています。 交感神経は 興奮・緊張・戦うなどプラスの方向 副交感神経は…

  • 2018
  • オスグッド はコメントを受け付けていません

オスグッド

小学生高学年から中学生にかけて 膝の前面に痛みが出現する オスグッド 原因はとして 筋肉の柔軟性 関節可動域 膝蓋下脂肪帯・膝蓋靭帯の硬さ パテラの動き等がありますが まず、初めに行わなければ…

2月17日|休診

2月17日は勉強会の為 休診とさせて頂きます。 19日からのご予約対応は明日も可能です。 電話・メールにてご連絡下さい。 ♢★☆アスリートケア整骨院♢★☆ 〒252-0804 神奈川県藤沢市…

足首捻挫|治療

足関節の捻挫の多くは うち返し捻挫で 損傷しやすい靭帯は 前距腓靭帯(ぜんきょひ)といます。 靭帯損傷に対しては 低出力の超音波を照射し 組織の回復を狙います。 しかし前距腓靭帯は踝などもあ…

呼吸修正|ビフォーアフター

先日もご紹介した 呼吸修正前後のビフォーアフターを 今回は動画でご紹介 呼吸修正前のオーバーヘッドSQ 90度以上曲げようとすると後ろに重心がいき 倒れそうになってしまうのがわかります。 呼吸修正…

呼吸の修正

普段何気なくしている呼吸 呼吸は1日2万回していると言われています。 そんな呼吸を正しくできているかどうかなんて 考えたことはないですよね。 呼吸をして生きているのだから 誰しも正しい呼吸ができていると思ってい…

  • 2018
  • HS1特徴①|浅層画像の高画質化 はコメントを受け付けていません

HS1特徴①|浅層画像の高画質化

HS1の特徴をご紹介します。 この機器の最大の特徴と言っても過言ではないのが 浅層画像が鮮明に観察できます。 骨や軟部組織の障害を起こすのは 表層から3㎝〜4㎝付近という事で その部分を綺麗に観察する為に 改良されたプローブ…

  • 2017
  • 足部の疲労骨折 はコメントを受け付けていません

足部の疲労骨折

この時期に多いのは 慢性的な蓄積による障害 特に多く来院するのは 膝から下の部位での問題 足部では疲労骨折をする選手も 見受けられます。 第二・第三は中手骨は疲労骨折の好発部位です。 また、…

  • 2017
  • 投球フォーム改善 はコメントを受け付けていません

投球フォーム改善

野球肩.肘を治すうえで 投球フォームを改善していくことは重要です。 投球動作は全身の連動動作で その連動は下肢から始まります。 肩や肘が痛いとそちらに着目しがちですが 下肢の使い方、機能を改善していくことが必要…

橈骨の動き

肘の障害予防として 橈骨の動きは重要です。 小学生のうちからセルフケアを教え込み 障害予防に繋げます。 セルフケアで怪我のリスクは下がります。 ストレッチ1つにしても 正しいやり方で、目的としてい…

  • 2017
  • 野球肘|山崎医師のインタビュー動画 はコメントを受け付けていません

野球肘|山崎医師のインタビュー動画

肩・肘の権威である 横浜南共済病院 山崎医師のインタビュー動画です。 指導に携わる方・保護者の方 ぜひご覧ください。 お時間のない方は43分ごろから始まる 動画だけでも見て下さい。 …

  • 2017
  • 力が入らないのと、筋肉がないのは違う はコメントを受け付けていません

力が入らないのと、筋肉がないのは違う

よく聞かれる質問ですが 「○○が安定していないです」 「○○に力が入っていないです」 と言うと 「筋肉がないからですか?」 と質問をされます。 結論から言うと 筋肉がないわけではありません。 …

  • 2017
  • ☆祝3周年☆ はコメントを受け付けていません

☆祝3周年☆

本日11月1日をもちまして 開院3周年を迎えられました。 先日のブログでも書きましたが あっという間でした… 去年からの1年を振り返ってみても 野球・テニス・体操・新体操 サッカー・ソフトボール・ハンドボ…

  • 2017
  • オスグッドを解剖学的に見てみよう はコメントを受け付けていません

オスグッドを解剖学的に見てみよう

何度もブログでは オスグッドについて書いていますが 今日は解剖学的に 目で見て行きたいと思います。 膝を横から見た断面図です。 オスグッドで痛みが出て来る場所は 脛骨の脛骨粗面と言うところで …

  • 2017
  • 体幹=腹直筋は違う② はコメントを受け付けていません

体幹=腹直筋は違う②

前回の続きです。 では、どのうようにして 腹筋群を鍛えて行けば良いのでしょうか。 腹筋のエクササイズも数多く存在しますが どの種目をやるにおいても 腹横筋を使うことが重要です。 腹横筋を意識するためには …

  • 2017
  • 肩のインナーマッスルとは? はコメントを受け付けていません

肩のインナーマッスルとは?

よく耳にする言葉 肩のインナーマッスル 鍛えた方が良いことは 皆さんご存知だとは思いますが では、なぜ鍛えると良いのでしょうか。 まず、肩関節の構造ですが 上腕骨と肩甲骨により関節が構…

東日本選手権へ出発!!

北海道で行われる 体操東日本選手権 へ向けてコンディショニング! 菊池選手 応援よろしくお願いします!! 頑張れ!学生アスリート!! 8月はサマータイムにて診療です 月・火・金 10:00〜20…

Newアイテム|NON F SPORTS

最新ケアアイテムの紹介 NON F SPORTS 何をするかというと 筋膜の癒着を剥がしてくれます!! 運動前は、筋肉の動きがスムーズになり 癒着の除去・可動域の拡大 運動後にやる事で 血流…

スタンドも熱中症対策を!

昨日の新聞に面白い記事が! 熱中症になるのは観客方が多いのです。 普段外で活動していない方は十分にご注意ください。 選手達はスタンドの 応援団 吹奏楽部 チア 父母会 それ以外にも学校の友達の応援により…

顔面打撲

練習中に ボールが直撃!! 腫れで目がうまく開きません。 こんな時は ①超音波で腫脹の軽減 それでも引きが弱かったので ②3DMENZにて腫脹の軽減 この二つでだいぶスッキリして 目も…

さらに記事を表示する
アスリートケア接骨院 フェイスブック アスリートケア接骨院 ツイッター アスリートケア接骨院 YouTube チャンネル アスリートケア接骨院 Google+

おすすめ記事

  1. 一般の方の治療

  2. 動画で見る野球肘健診

  3. オスグッドは傷害?障害?